先輩経営者からのメッセージ

愛知の先輩経営者

澤 竜一郎

「ご縁を大切に!人の可能性を信じて!」

澤 竜一郎ラーメン(設立2009年9月設立 )

学生時代はラーメンオタク。就職してからもラーメン食べ歩きを続けていました。入社間もなく岡山に配属になり、親ともあまり連絡を取り合っていなかったのですが、久々に実家に帰ったら、何と実家がラーメン屋になっていました。(父が開業)。驚きでしたが、その姿を見て「趣味だったラーメンを仕事にできるんだ。」と思いました。その後、就職5年目に退職して、名古屋に戻ってラーメン修業2年。そして、今から12年前、32歳の時に一号店「一刻屋」をオープン。ラーメンオタクとしての自分の目線から、新しい切り口のスープが必要と感じ、野菜をスープの主役に持っていこうと考え、試行錯誤の末に「玉ねぎ熟成スープ」を完成。おりしもラーメンブーム。目新しさもあり、マスコミもすぐに取材してくれた。ラーメンファンにも注目され、お店はロケットスタート。おかげさまで、一号店はオープン以来、昨対を割った事がありません。多店舗化のきっかけは、ある人との出会いからです。それまで、お店の秘伝の味は門外不出と考えていたのですが「分かち合えば分かち合うほど成功スパイラルにはいっていく」というアドバイスをもらった事で自分が変わりました。翌日から従業員に全部公開することを実践。スタッフのモチベーションはみるみる上がりました。お店を任せても売り上げ落ちなかった。それで安心して二号店「中華そばあおい」に取り組めた。さらに、東京で「つけ麺」に出会う。当時名古屋になかったので、自分なりの工夫改良を加えて、大須につけ麺専門店「フジヤマ55」をオープン。その後、名古屋市内にもう1軒つけ麺の店を出店し、全部で直営4軒に。その後、とある外食企業の経営者からラーメン店を出したいので手伝ってほしいという依頼があり、これもご縁と思って出店をお手伝い。職人でなくてもできるメニューや、運営システムの開発に取り組んだ。その後は、様々な方からのラーメン出店依頼が増え、海外からの要望もあって、今は世界に「フジヤマ55」が広がっていってます。

その他の愛知の先輩経営者

荒島 広志

流行を敢えて追わず奇をてらわず基本を大事にしつつ変化し続けること

荒島 広志うどん(創業明治36年)

 創業明治36年、代々引き継がれ100年以上の長きにわたり暖簾を守ってきた。現在お店を切り盛りするのは5代目の広志さんだ。曾祖父、…続きを読む

渡邊 文雄

常に挑戦を続け、TOPとして意思を伝え続け、時代を読んで変化に対応する

渡邊 文雄居酒屋(2003年開業)

前職で外食企業の役員をしていた経験をもとに起業。会社名の由来は“FOODとDRINKの情報をたくさん持つ会社”との意味があり、その…続きを読む

大橋 史依

囲んで食べる鍋料理でなごみの雰囲気を提供する

大橋 史依ちゃんこ料理(1994年開業)

 元々、滋賀県で茶道や華道の教室運営をしながら知人経営者の頼みで飲食店に勤めていた。そこで鍋のスープを研究開発していたのがその後の…続きを読む

業種から探す 地域から探す
お問い合わせ

飲食経営に関するアドバイスやコンサルティングをご希望の方や、協会の活動に関するお問い合わせはこちらから