先輩経営者からのメッセージ

大阪の先輩経営者

政友 晴人

日常のちょっとした贅沢を感じ『ホッ』と一息つける店づくり!

政友 晴人居酒屋(2001年7月開業 )

政友氏が飲食店の開業を志したきっかけは、大学卒業後知り合いが東京で飲食店を開業する際に手伝いに入ってからだったという。その後居酒屋・高級炉端焼き屋などで経験を積む中で「いつかは自分の店を」という気持ちが強くなっていったという。

東京で料理修業をしていた時代、当時の上司に連れて行かれた店で「やきとん」と「焼酎の」美味しさにはまり、「大坂でも美味しい豚と焼酎が楽しめるお店を出したい」と考えたという。当時関西ではほとんどなかった「豚料理専門店」をコンセプトとして、政友氏は2001年に本格焼酎とぶた肉料理の店「日日是耕日」を開業した。

店の看板メニューは「とんタンの味噌焼き」だ。こだわりは牛肉文化の関西では珍しい豚タンを手間をかけて下処理し、自家製の味噌床に漬けこんで焼くオリジナルメニューだ。

「他には食べられない美味しいものを、という想いで開発しました。豚タンを扱うのは、初めてでメニュー開発するまでは試行錯誤の繰り返しでした。」そう政友氏は語る。黒豚の産地でもある鹿児島に食べに行ったり、牛たん専門店や焼きとんの店など食べて研究を重ね、各地からブランド豚を取り寄せて試食・試作を重ねたという。開業後は食材へこだわり、美味しいものを提供する事はもちろん、お客様にくつろいで頂ける店づくりを日々重ねている。

「お客様にはお仕事帰りに「ホッ=3」と一息ついてもらいたい。お酒の好みやお食事の好みを覚えおすすめしたり、居心地良く過ごして頂くため店内の環境にも気をつけています。」「料理に喜んで頂くことはもちろん、雰囲気も含めて何か一つでもご満足頂ければ非常に嬉しいですね。」そう政友氏はいう。

今は豚の熟成肉などの、新たなメニュー開発にも取り組んでいるという。今後も「ホッ」とくつろいで頂ける、ちょっと贅沢な時間を過ごせる店づくりを続けて行きたいとのことだ。

その他の大阪の先輩経営者

しらの あや

信じて、そして感謝を忘れない・・・

しらの あや居酒屋(2010年開業)

 元々30歳までに飲食店経営で独立したいと考え、20歳から色々な飲食店でアルバイトを始めた。23歳の時、後に師と仰ぐことになる尊敬…続きを読む

土井樹利

笑顔とおでんであなたを癒す♡

土井樹利バー(平成27年開業)

 二十歳のころからイタリア料理の調理人として働き始めた。自分のお店を持ちたいと色々考えた結果“Bar”を開こうと決意するも、イタリ…続きを読む

箕輪 明

一番大事にしているのは「人」=信頼できる仲間

箕輪 明イタリアン(2013年開業)

 元々、料理人である父親の影響を受け幼少の時から、飲食店で独立することを夢見て、独立時期を明確に決め、そこから逆算し行動目標を立て…続きを読む

業種から探す 地域から探す
お問い合わせ

飲食経営に関するアドバイスやコンサルティングをご希望の方や、協会の活動に関するお問い合わせはこちらから