先輩経営者からのメッセージ

愛知の先輩経営者

渡邊 文雄

常に挑戦を続け、TOPとして意思を伝え続け、時代を読んで変化に対応する

代表取締役  渡邊 文雄居酒屋(2003年開業)

前職で外食企業の役員をしていた経験をもとに起業。会社名の由来は“FOODとDRINKの情報をたくさん持つ会社”との意味があり、その活動範囲は飲食店経営にとどまらず、料理教室運営や食のイベント事業なども手掛けている。最初の飲食店舗は鶏肉を炭火焼で美味しく食べられるお店として2003年に“丸の内 炭酒屋”をOPENした。最初に苦労したことは資金調達で、銀行は“お金を貸してくれるところ”と思っていたが、中々簡単には貸してくれないのだと、その時、始めて認識したそうだ。ただ社長自身の“夢は100億!必ず儲かる!”という熱意と周りからの信頼と支援もありOPENすることができ、現場に立ち続け初めから必要な売上を作ることができたそうだ。現在、直営7店舗、フランチャイズ3店舗を展開している。経営で大事にしていることは、“社長の想いがなければ、熱意がなければ絶対にうまく行かない”との考えで「常に挑戦を続け、TOPとして意思を伝え続け、時代を読んで変化に対応すること」と語る。これから始められる方が相談きたら必ず社長の意思を確認するために敢えて「絶対に儲かりにくい商売ですから無理だと思います。」と伝えるそうだ、そこには起業する多くの方が失敗してしまう難しい業種であることを誰よりも知っているからこその言葉で、どれほどの覚悟が出来ているのかを問う目的があるのだそうだ。飲食店は美味しいだけでは成り立たず、料理と接客サービス、雰囲気のトータルバランスとコンセプトが重要と伝え続けている。今後は海外に日本の正しい、素晴らしき食文化を伝える取組み行っていきたいと意欲的に未来を目指している。

その他の愛知の先輩経営者

渡邊 文雄

常に挑戦を続け、TOPとして意思を伝え続け、時代を読んで変化に対応する

渡邊 文雄居酒屋(2003年開業)

前職で外食企業の役員をしていた経験をもとに起業。会社名の由来は“FOODとDRINKの情報をたくさん持つ会社”との意味があり、その…続きを読む

大橋 史依

囲んで食べる鍋料理でなごみの雰囲気を提供する

大橋 史依ちゃんこ料理(1994年開業)

 元々、滋賀県で茶道や華道の教室運営をしながら知人経営者の頼みで飲食店に勤めていた。そこで鍋のスープを研究開発していたのがその後の…続きを読む

服部 太賀士

「地域に一番愛されるケーキ屋さんを目指しています」

服部 太賀士ケーキ(創業2012年11月 )

元々はお菓子作りというより、喫茶店をやりたいと思っていた。その道の学校に進もうと考え、調べていたら調理師学校ではなく、製菓学校があ…続きを読む

業種から探す 地域から探す
お問い合わせ

飲食経営に関するアドバイスやコンサルティングをご希望の方や、協会の活動に関するお問い合わせはこちらから